セフレを作る上の求める環境は?

セフレを作る上で一番理想的な環境は?

セフレを作るためには、何が必要なのでしょうか?
まずは女性との出会い、そしてデートするためのお金、会うための時間
時間と出会いは何とかできるとしても、お金ばかりは収入が無いと難しいですね。

 

さて、そんなセフレに必要なものを解消するために理想的な環境が、実は「家」なんです。
今回は、セフレに一番理想的な環境について見ていきましょう!

 

セフレに必要なお金とは?

セフレだから彼女ほどお金がかからないとは言え、やはりそれなりのお金はかかってしまいます。

 

  • 食事代→10,000円(男性側のおごりとして計算)
  • ラブホ代→8,000円(休憩、ベーシックな物よりワンランク上の部屋で計算)
  • タクシー代→1,000円〜数千円(ホテルまでの移動、または女性の帰りのタクシー代)

 

それ以外にも、もし食事以外に何か遊んだりバーに寄ったりすれば、更にお金がかかってしまいます。
彼女ではないのでプレゼント代などは無いとしても、やはりそれなりの金額になってしまいます

 

お金をとにかく減らしたい!そのためには?

経済的に余裕のある男性であれば良いですが、通常の収入であれば、いくら月1回でもセフレにかけるお金は減らしたいもの。
そこで一番理想的な環境が、「一人暮らし」なんです。

 

最初は雰囲気を高めるためにレストランやラブホをはしごしていたデートも、ある程度セフレとしての関係が確立されてきたら、家に呼んでしまうのがベスト。
食事もデリバリーしたり買ってきたり、もしかしたら女性が作ってくれるかもしれません。もちろんあなた自身が料理を作るのも良いですね。
そのままベッドに行けるので、時間もムダになりません。

 

既婚者であれば、セフレ用に思い切って部屋を借りるという手もあります。
安い家であれば、光熱費込みで何とか七万円程度に抑える事もできます。例えば複数人セフレがいる人なんかは、借りた方が安くつく、と言う方もいるかもしれませんね。
いっそのこと、奥さまや子供から逃れられる、趣味の隠れ家にしてしまっても良いかもしれません。

 

家にセフレを呼ぶ場合に注意したい事

とは言え、セフレを家に呼ぶ際には気をつけたい事があります。

 

  • 女性の私物を家に置かせない
  • 彼女がいる場合は、セフレの痕跡を残さないよう注意
  • 既婚者が別に借りる場合は、家族の行動範囲外に借りる

 

まず女性の私物を置かせてしまうと、女性はその家に簡単に出入りしてしまうようになってしまいます。
あくまで「エッチする時のための場所」という意識をつけるために、自分の部屋のように扱わせないようにしましょう。
彼女がいる場合は痕跡を残さない、これは当然ですね。
そして既婚者の場合は、絶対家族の行動範囲に被らない場所にしましょう。自宅からは遠いけど、実は奥さんの友人の家に近かった・・・なんて事で、別宅がバレる可能性もあります。

 

もちろん、セフレの人数や会う頻度によっては、必ずしも家に呼ぶのが良いとは限りません。
ですが気軽に会うためには、家があるのが一番理想的です!
今一人暮らしではない方、ぜひ思い切って家を借りてみてはどうでしょうか?